超絶絶景!でもへとへと みちのく潮風トレイル 種差海岸の旅

最近の行った中で一番印象深い旅行と言えば、青森県八戸市の蕪島から種差海岸まで「みちのく潮風トレイル」を妹と二人、てくてく歩いたなんちゃってトレッキング旅行です。
8月のお盆過ぎ、“トレッキング”は全く意識しないで、温泉旅行のような格好でふらりと出かけました。

想像以上に距離は長く、遊歩道のように整備されているのは一部のみ。
延々と自動車道の脇を歩いたり、本当にここが道なのかと不安になる海沿いや砂浜をひたすら歩いたりという徒歩旅行と相成りました。
でも、辛かった記憶は置いておいて「また行きたい!」、「違う季節にも行ってみたい」と思うほどの美しい景色が待っていました。
出発地の蕪島神社は、現在、残念ながら工事中です。しかし神社の周りはウミネコ見放題、写真撮り放題なので、鳥好きにはたまりません。

次のポイントは八戸市立水産科学館マリエント。ここのレストランからの眺めは「夕日絶景食堂」という名前がついているくらいですから、本当に美しいです。
そして、ここから葦毛崎展望台~中須賀~大須賀海岸が一番の見どころ、歩きどころでしょうか。車を気にせず、海沿いの道を堪能することができます。
急な坂道をひたすら登ってへとへとになりながらも、登りきって振り返った時の海の美しさは格別です。
大須賀海岸から種差海岸へは無理に歩かずに、遊覧バスを使うことをお勧めします。砂浜を30分以上歩くのは本当に過酷です。

今回の旅行の最終目的地、種差海岸。一気に視界が開け、見渡す限りの芝生と水平線。
ここが本当に日本なの?と思うような、今まで見たこともない景色が広がっています。これまでほとんど人に出会わなかったのに、ここには大勢の観光客が。
でも広いので人が気になりません。芝生は結構アップダウンがあるので、人がいないところを目指して少し登って寝転がれば、これまでの疲れも吹き飛ぶ解放感です。
いったいどうしてこんな海岸ができたのか、是非「ブラタモリ」で取り上げて欲しい、そんな不思議な光景でした。

こちらもご覧ください。

人気の投稿